サポート事例

『福山ゴム工業株式会社』セレクトショップとのコラボで新商品開発!新規市場の開拓を目指す

事業者様からの相談内容

福山ゴム工業株式会社 様

1974年創業。工業用ゴム製品・建設機械用ゴムクローラ等の産業機械製品部門と、創業から続くシューズ製造販売部門を持つ。シューズ部門では、セフティースニーカーや作業用長靴など、作業現場用ワークシューズで一定のシェアを獲得している。

相談内容:シューズ部門の利益率改善、販売アイデアの相談

30年以上続く「親方寅さん」シリーズをはじめ、ホームセンターやワークショップに多数の作業現場用ワークシューズを卸してきた同社。
年間売上点数は多いものの、店頭の価格競争で利益率が右肩下がりになっており、今後の販売方針や利益率改善の相談がしたいと来所されました。

フクビズからの提案

他業種との協業、新商品開発、新規マーケット開拓、SNSでの情報発信

外部から見た既存商品のデザイン性の高さ、開発力という強みに改めて着目。
福山市内の人気セレクトショップ「ホルスワークス」との協業を提案し、作業現場用ではなく「タウン用」のファッショナブルなシューズを開発することになりました。
今までと異なる商品開発でしたが、実は過去に有名ファッションブランドのOEM経験があったことで、ベテラン社員も「よく分からないけど面白そう!」とプロジェクトを楽しんでいました。
若手社員によるYouTubeとインスタグラムの情報発信もスタートさせ、今までとまったく異なるターゲット層にアプローチしました。

フクビズの支援結果

メディア露出、利益率改善、新規販路獲得、社内モチベーションアップ

ホルスワークスとのコラボシューズは大きな話題となり、繊研新聞(業界専門紙)、地元新聞などから取材を受けました。
デザイン性という付加価値をつけることで、商品の利益率は大幅にアップ。セレクトショップの販売網に乗ることで、関西を中心に20店舗以上の取扱店を獲得しました。
産業機械用製品が事業の大部分を占める同社で、シューズ部門は比較的小規模。しかし、今回のプロジェクトで社内での存在感は確実に増し、毎シーズン新作を開発してファッション市場の開拓にチャレンジしています。

<住所・お問い合わせ先>
〒720-0802 広島県福山市松浜町3丁目1−63
084-921-2311