サポート事例

『原田鋼業株式会社』保守的な社内の空気を改革するため、BtoC商品開発に初挑戦

事業者様からの相談内容

原田鋼業株式会社

創業75年の薄鋼板加工業者。業務用スチール製品が商材で取引先も多く業績は安定している。3代目の現社長は40代。

相談内容:社内の雰囲気の刷新・チャレンジ精神の醸成

先代から引き続き業績は手堅く安定しているが、堅実経営ゆえに社内は古参社員が多く保守的で活力のない雰囲気になっている。
将来にわたり安定した業績がずっと続くとは限らない、何か会社として新しいチャレンジが必要だと思っているが、どのような方法があるか相談したい。

フクビズからの提案

会社の強みの確立・BtoC分野の商品開発支援・プレスリリース支援

資金面で会社の体力があり、問題解決のための手法も複数の選択肢を提案することが可能でした。
その中から、原田鋼業の強みである「小ロットへの対応力とベテラン社員の技術力」を活かせるBtoCのセミオーダー分野へのチャレンジを社長が決めました。
初めてのBtoC商品開発では、一般消費者向けのコンセプト立案からデザインのアドバイス、新製品「ピチカートラック」完成後はプレスリリースや地元の大学生とコラボした発表イベントの支援を行いました。

フクビズの支援結果

会社の雰囲気の向上・社員のモチベーションアップ・自社サイトでの受注開始

1年がかりのプロジェクト中、当初は「社長の思い付きで面倒な仕事が増えた」と乗り気ではなかった社員達。
しかし打ち合わせを重ねるごとにワクワクした顔つきに変化し、半年後には古参社員が「ドットはもう少し大きくした方がいいね!」と積極的に新商品開発に取り組むようになり、社内の雰囲気が変わるのを強く感じました。
ピチカートラック発売後は、業界紙だけでなく一般紙にも多数紹介され、法人営業の場で「面白いものを作ってるんだって?」と話題になることもしばしば。社員の中でも「自分たちの会社のイメージ」が変わってきたのを実感しています。

<住所・お問い合わせ先>
〒721-0926 広島県福山市大門町5丁目6-35
084-941-3111