事業者様からの相談内容

小畑昌司 様

東京で飲食店の経営や開業コンサルを経験したのち、ビール企業のサラリーマンとして勤務されていたが独立をお考え。

相談内容:起業

「福山から本物のクラフトビールを発信したい」という想いを実現すべく、独立の準備を進めている。「独立を実現させるためには自身のブランディングをどのように行うべきか」というご相談。

フクビズからの提案

強みと想いの具現化・メディア広報

お話を伺っているうちに、小畑さんには「ブルーパブの開業を目指す後進を育てたい」という強い想いがあると分かったため、「ビール醸造所兼ビール醸造大学の立ち上げ」をご提案。させていただきました。さらに、国際的なビール審査員の資格「マスター・ビアジャッジ」を持つ小畑さんの能力を活かしつつ、地元の人にクラフトビールの楽しさを知ってもらいたい・自分でオリジナルビールを造って販売したいといった想いを具現化する施策として、「ビールの試飲販売所の併設」も提案させていただきました。その後、リリースやメディアへの繋ぎなどもサポートしました。

フクビズの支援結果

「THE BEER FUSHIMI-CHO」「備後福山ブルーイングカレッジ」オープン

クラフトビールの試飲販売所「THE BEER FUSHIMI-CHO」を2019年11月5日にオープンさせたのち、2020年1月11日には念願のビール醸造大学「備後福山ブルーイングカレッジ」のオープンに成功しました。西日本で初となる取り組みにマスメディアの注目が集まり、数多くの媒体にて取り上げられた結果、今では全国のビールファンが連日来店するほどの人気を集めています。さらに、開業から1ヵ月経たずして、「備後福山ブルーイングカレッジ」にはプルーパブの開業を目指している方が入学し始めています。今後も引き続き地元の人にクラフトビールの楽しさを知ってもらいつつ、ゆくゆくは小畑さん自身が造ったオリジナルビールで賞をとりたいとのこと。試飲販売所・ビール醸造大学ともに今後の発展が楽しみです。