ニュース全ての記事

<タシマ創健さま>ウィズコロナ禍を見据えた事業再構築のチャレンジを情報発信

本日ご紹介させていただくのは、尾道市西御所町にある創業200年をむかえた株式会社タシマ創健の幡中さまです。

1820年(江戸時代後期)に武田菊松氏が創業した「武田菊松接骨術」がはじまりで、幡中さまは9代目です。幡中さまが同社を継いで以降は、接骨院に加えて、通所介護事業やフィットネス事業なども展開されています。昨年11月には、備後圏域で初となるスポーツトレーナー常駐の「機能訓練型デイサービスタシマ」を開設されました。

フクビズでは、池内プロジェクトマネージャーがコンセプトの明確化や情報発信の強化をサポートし、事業展開についてのディスカッションを継続的におこなっています。お越しいただいたこの日は、新たなチャレンジについてご意見交換をおこない、情報発信についてのご提案をさせていただきました。みなさまにお伝えできる日が楽しみです。

引きつづき、フクビズは同社を全力でサポートいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です