ニュース全ての記事

<備後福山ブルーイングカレッジさま>クラフトビール『ふくやまバラ酵母 生にごりPA』が発売!

本日ご紹介させていただくのは、中国地方初の体験型クラフトビール醸造工房「備後福山ブルーイングカレッジ」の小畑昌司さまです。

「ビールの楽しさを伝えたい」という思いで、2019年11月にクラフトビールの試飲販売所「THE BEER FUSHIMI-CHO」を福山市伏見町にオープン。そして、2ヶ月後の2020年1月には、念願の体験型クラフトビール醸造工房「備後福山ブルーイングカレッジ」を開業されました。フクビズでは、池内プロジェクトマネージャーをはじめアドバイザー全員で、開業に向けたコンセプト提案から情報発信までをサポートいたしました。

そして、同店はこのたび12月10日(木)に、福山大学と一緒に開発を進めたバラ酵母のクラフトビール『ふくやまバラ酵母 生にごりPA(ペールエール)』を発売いたしました。地元産の酵母をいかした新たな取り組みです。同商品は、日本における国産ビール製造の聡明期にあたる明治大正時代に主流だった醸造法でつくられており、酵母が目に見える「生にごり」タイプで、コクと喉ごしがやさしいレトロな味わいです。

12月9日(水)には、メディア向けの完成お披露目会を開催しました。小畑さまより商品コンセプトや開発秘話をお話しいただき、試飲会もおこなわれ、参加されたみなさまからは驚きと賞賛の声を頂戴しました。みなさまもぜひ、「備後福山ブルーイングカレッジ」でクラフトビールの楽しさを体験してください。

引きつづき、小畑さまのチャレンジを全力でサポートいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です