福山ビジネスサポートセンターFuku-Biz(フクビズ)備後圏域のすべての企業・個人事業者・創業者の支援拠点

ご利用時間:火~土曜日 10時~18時

セミナー・研修情報

Fuku-Biz(フクビズ)主催 荒くれ漁師をたばねる力 ~漁業で新たな道を切り拓く~

内容

「荒くれ漁師をたばねる力 ~漁業で新たな道を切り拓く~」

山口県萩市大島は漁船が船団を組み、まき網漁が盛んな島。しかし、燃料の高騰や漁獲量の減少、取引値の低迷のため衰退の一途をたどっていました。そんな現状に風穴を開けたのが坪内知佳氏。
坪内氏は、それまで全く知見のなかった漁業の世界へ若くして飛び込み、約60人の漁師を率いて萩大島船団丸を設立。販路拡大のため飛び込み営業を重ね、持ち前の行動力とビジネスセンスで魚の自家出荷を実現し、6次産業化に取り組みました。
縁もゆかりもなかった場所で、疲弊していた水産業の新たな可能性を開花させ、自らの人生の花も咲かせる坪内氏の歩みを語っていただきます。

日時
終了しました 2018/09/29 16:00~17:30
場所
広島県福山市西町1-1-1 エフピコRiM 7階 福山市ものづくり交流館 セミナールームA [ 地図 ]
講師・アドバイザー
萩大島船団丸
株式会社GHIBLI 代表取締役
坪内 知佳(つぼうち ちか)氏
受講料
無料
定員
100名(先着順)
新企画セミナー・研修
対象
  • どなたでもご参加いただけます。
 
備考

RiM駐車場をご利用の場合、最初の1時間は無料。RiM内で1円以上お買い物をしていただくとさらに1.5時間無料になります。

 

セミナーご案内PDF版はこちら⇒

 

開催レポート

当日は110名を超える方々にご参加いただきました!

漁業の世界で6次産業化に取り組み、各方面から注目を集める萩大島船団丸。

経験もなく土地勘もない“ド素人”だった坪内さんが、漁業を6次産業化してきた経緯を荒くれ漁師のみなさんとのさまざまなエピソードとともにお話しいただきました。

目の前の漁師や海や漁業と本気で向き合い、ぶつかり合う姿。

飾りも嘘もない、ほんものの言葉。

坪内さんが放つ熱量に、参加者100名以上の集中力は90分間途切れることがありませんでした。

今いる場所で、自分にできることを最大限にやりきる。

当たり前のようにそう語る坪内さんの“本気の想い”が、備後の人々の心にも火をつけてくれたのではないでしょうか。

講演後は、参加者からの質疑にも真摯に応えてくださった坪内さん。

世代、性別、業種の枠組みを超え、多くの人が勇気づけられたようです!

 
ご参加いただいた方のコメントより

「坪内さんの熱量に圧倒され、非常に感化された」

「強い信念、明確な目標、モノの見方や考え方の深さ。すべてが自分にも必要だと感じた」

「今まで聞いた講演会の中で最高だった」

「職人に対しても仕事に対しても本気であることが伝わった」

 

萩大島船団丸
株式会社GHIBLI 代表取締役
坪内 知佳(つぼうち ちか)氏
萩大島船団丸
株式会社GHIBLI 代表取締役
坪内 知佳(つぼうち ちか)氏

坪内 知佳(つぼうち ちか)氏
萩大島船団丸
株式会社GHIBLI 代表取締役
 
1986年福井県生まれ。
2005年に福井商業高校卒業後、名古屋外国語大学外国語学部 英米語学科に入学。 2007年に大学を中退し、結婚を機に山口県萩市へ移り住み、長男を出産。
2010年、萩市内で翻訳とコンサルティング業務を行う事務所を設立する。
2012年に知見のなかった漁業の世界に飛び込み、約60 人の漁業者をまとめ、萩大島船団丸を設立し代表に就任。農林水産省に6次産業化の認定を申請し、同年7月には自家出荷を開始。2014 年4月、法人化を果たす。
漁師集団とともに、船団を「家業」から「企業」にするため日夜奮闘。漁協との調整や出荷ルートの確保、販路開拓までを手がけ、全国の漁業関係者から注目を集めている。また、日本の地方創生のために勢力的な活動を続けており、ニュースZERO、News every、日経Woman(ウーマンオブザイヤー受賞)、キミハツプロジェクトメンバーなど、各種メディアにも取り上げられている。