福山ビジネスサポートセンターFuku-Biz(フクビズ)備後圏域のすべての企業・個人事業者・創業者の支援拠点

ご利用時間:火~土曜日 10時~18時

セミナー・研修情報

フクビズ1周年記念イベント

内容

開設1周年を記念して、スペシャルイベントを開催します。
第一部では、富士宮やきそば学会 会長・渡邉英彦氏と富士市産業支援センターf-Biz センター長・小出宗昭氏を迎え、「地域資源活用による地域活性化の事例とヒント」をテーマにパネルディスカッションを実施するほか、福山ビジネスサポートセンターFuku-Bizセンター長・高村亨によるフクビズの年次報告を行います。
第二部では、フクビズの支援事例を事業者さん自身が発表する事例発表会と交流会(参加費500円/人)を開催。
※交流会に参加を希望される方は、申込フォームのその他通信欄に「交流会参加希望・○人」とご記入ください。不参加の場合は「交流会不参加」とご記入ください。

日時
2017/12/19 13:00〜16:30 ※開場12:30
場所
広島県福山市西町1-1-1 エフピコRiM9階 福山市ものづくり交流館 スタジオA(スカイホール) [ 地図 ]
講師・アドバイザー
富士宮やきそば学会 会長
 渡邉 英彦(わたなべ ひでひこ)氏
富士市産業支援センターf-Biz センター長
 小出 宗昭(こいで むねあき)氏
受講料
無料
定員
150名(先着順)
新企画セミナー・研修
対象
  • どなたでもご参加できます。
プログラム

<第一部>13:00~14:30

挨拶

 

パネルトーク「地域資源活用による地域活性化の事例とヒント」
【講師】
富士宮やきそば学会 会長 渡邉 英彦 氏
富士市産業支援センターf-Biz センター長 小出 宗昭 氏
【ファシリテーター】
福山ビジネスサポートセンターFuku-Biz センター長 高村 亨

 

フクビズ報告
「開設1年の振り返りと今後の展望」
【報告者】
福山ビジネスサポートセンターFuku-Biz センター長 高村 亨

 

<第二部>14:40~16:30

事例発表
フクビズのサポート事例を事業者のみなさんと発表します。
・有限会社アルファ企画
・株式会社オーザック
・有限会社山陽不動産
・自然食房きむら
・順風暮らし
・世羅つづみ鶏

 

交流会(参加費500円/人)
ドリンクやおやつを片手に参加者みんなで楽しみましょう!

 

◆セミナーチラシPDF版はこちら

富士宮やきそば学会 会長
 渡邉 英彦(わたなべ ひでひこ)氏
富士市産業支援センターf-Biz センター長
 小出 宗昭(こいで むねあき)氏
富士宮やきそば学会 会長
 渡邉 英彦(わたなべ ひでひこ)氏
富士市産業支援センターf-Biz センター長
 小出 宗昭(こいで むねあき)氏

◆渡邉 英彦(わたなべ ひでひこ)氏
1959年富士宮市生まれ。国際基督教大学教養学部語学科卒、外資系損保AFIA勤務後帰郷。‘97㈳富士宮青年会議所理事長、静岡県未来づくり学士、富士宮やきそば学会会長、㈳愛Bリーグ本部代表理事、富士宮市フードバレー推進協議会会長、㈳富士宮市地域力再生総合研究機構代表理事、富士山世界文化遺産富士宮市行動計画推進協働会議議長、㈶静岡県舞台芸術センター評議員、㈱食のまちづくり総合研究所取締役会長、㈱プロシューマー代表取締役、総務省ふるさとづくり懇談会委員、経済産業省コンテンツ制作環境整備事業地域プロデューサー、静岡大学非常勤講師、富士常葉大学非常勤講師、市内中学校音楽選択授業講師(ギター)、富士宮市中心市街地活性化計画策定委員、富士宮市社会福祉協議会評議員、富士宮市観光誘客戦略推進会議委員、環・富士山風景街道アクションネットワーク代表世話人、富山県上平村整備計画策定委員、Jリーグ清水エスパルス後援会評議員、NPO法人まちづくりトップランナーふじのみや本舗理事、㈲インシュアランスブレイン代表取締役等。地方自治功労により総務大臣表彰、日本イベント大賞制作賞、静岡県観光大賞、明日の日本を創るふるさとづくり推進奨励賞、関東商工会議所連合会ベストアクション賞、静岡県知事顕彰、岳南朝日新聞社賞、外食アワード2010、日本マーケティング大賞奨励賞等受賞。平成18年&19年B-1グランプリ連続優勝。静岡新聞連載コラム「窓辺」執筆、「ヤキソバイブル(面白くて役に立つまちづくりの聖書)」、「B級ご当地グルメで500億円の町おこし」出版。SBSテレビ「とく報4時ら」、静岡あさひTV「とびっきり!しずおか」、テレビ東京「カンブリア宮殿」他出演、講演等多数。

◆小出 宗昭(こいで むねあき)氏
1959年生まれ。法政大学経営学部卒業後(株)静岡銀行に入行。M&A担当などを経て、2001年 創業支援施設SOHOしずおかへ出向、インキュベーションマネージャーに就任。起業家の創出と地域産業活性化に向けた支援活動が高く評価され、Japan Venture Award 2005(主催:中小企業庁)経済産業大臣表彰を受賞した。
2008年 静岡銀行を退職し、株式会社イドムを創業。富士市産業支援センターf-Biz(エフビズ)の運営を受託、センター長に就任し現在に至る。
静岡県内でも産業構造の違う3都市で計4ヵ所の産業支援施設の開設と運営に携わり、これまでに1,200件以上の新規ビジネス立ち上げを手掛けた。
そうした実績と支援ノウハウをベースに運営しているエフビズは、国の産業支援拠点「よろず支援拠点」や愛知県岡崎市のOKa-Biz、熊本県天草市のAma-biZなど各地の地方自治体が展開する○○-Bizの原点となるモデルでもある。